おならを減らす最終手段!便秘も解消!

かれこれ20年苦しんできたお腹の張り。

出したくでも出せないオナラとの付き合いが今では一変しており、ほぼ症状が出なくなっています。

そこまでに至ったきっかけ、今続けている方法について紹介します。

ただ人によって状況、体質が全く違うので、一例として見ていただければと。だって、あれだけヨーグルトがいいと言われていたのに、私には全く効果がなかったのですから。

今毎日、又は頻繁に続けていること

1.乳酸菌・ビフィズス菌のサプリメント(毎朝)

2.大麦(押し麦)を意識して食べる

3.自家製のぬか漬けを意識して食べる

毎日、又はよくやっていることはこれだけです。

あとはなるべく寝不足にならないようにしているくらいで、特別に腸のマッサージとかはしていません。

運動は普段からしていますが、そのときもお腹の張りは治っておらず関係無かったです。

乳酸菌・ビフィズス菌のサプリメントで少し張りが変わった

以前からヨーグルトのブランドをいろいろ変えて試していましたが、何となくマシになったかな?と思ったらいつも通りパンパンになり効果はありませんでした。

また乳酸菌・ビフィズス菌サプリメントもいろいろ試しましたが、どうやら人によって腸内細菌の種類、バランスが違うようで、人がいいといった製品でも自分には合わないということは当たり前のようです。

ただいろいろ試した結果、自分に合っているなと思えるものが見つかり、それを毎朝飲むようになってからは多少マシになっていました。

数字で言うと30%くらいですかね。だから飲まないと不安になるくらいの効果はありました。

決定的にオナラが減少!張らなくなったのは大麦

乳酸菌・ビフィズス菌のサプリメントでごまかしながら、時折やはり背中が痛くなる、胃が気持ち悪くなる、腸のねじれ部分にガスが溜まり不眠状態などに苦しんでいましたが、あるときそれがしばらく全く無い日が続きました。

なんで?

と思って考えてみると、たまたま家庭の料理に大麦が使用されていました。

私が大麦を入れてくれと言ったわけではなく、確か健康番組で便秘やダイエットにいいとかで家族が使い始めたはずです。

ただその我が家の大麦ブームも1ヶ月持たず、すぐに大麦を使わない料理に戻りました。

すると数日後からまた忘れかけていたお腹の強烈な張りが復活。

ほぼ毎日苦しんでいてある意味慣れていたところ、最近その痛みと苦しみを忘れていたせいで強烈に気分が悪くなりました。

あれれ?

と思い、これは大麦のせいか?と思い、家族に頼んで大麦を食べれるようにお願いしました。

そんなことでお腹の張りが軽くなるはずがないとあまり乗り気じゃない家族でしたが、こっちはもう一筋の光のように思えていたので無理にそうしてもらいました。

すると、やはり大麦を意識的に食べているときはお腹の張りが軽くなります。

特に便がすっきり滑るように出るようになり、今まで1日出ないだけで異常に苦しかったお腹が、1日便通がないくらいでもそこまで苦しくなることがなくなりました。

さらにお腹が軽くなり便秘恐怖症もなくなったのはぬか漬け

ただ大麦でお腹の張りが全くなくなったわけではありません。

その時の食生活や仕事のストレスなでしょうか?たまにお腹が安定しなくてオナラでパンパン、張ってしまうことがしばしばあります。

しかその頻度も今はさらに落ち着いています。

そのきっかけがぬか漬けです。

たまたまぬか漬けを再開しようと家で漬け出したのですが、もともと私ぬか漬けが大好きで、久々だから結構ボリボリ食べていたんです。きゅうりなら丸々一本とか。

そんなことを続けていたら、なんかさらにお腹の張りが減って軽くなってきたんですね。

そして便秘っぽくなっても、さらにお腹の不快感が減少しており、かなり軽い感じが続くようになってきました。

揺らいでいた感じの揺れ幅が狭くなった感じで、よりお腹の調子が安定してきたと思います。

なぜオナラが減り張りがなくなったのか?お腹の変化と原因

1.腸内の菌バランスが改善された

お腹の張りが酷かったときは、1日でも便通がなかったらかなりオナラが臭かったです。

ただそれが乳酸菌・ビフィズス菌サプリメントで多少改善され、さらに大麦(押し麦)で一気に臭わなくなりました。

大麦で一変したのは確実に水溶性食物繊維のおかげです。

これまでゴボウやニンジン、おくら、豆、ひじきなど、食物繊維!!といういかにも食材を意識して食べたりしましたがさっぱりでした。むしろ余計にお腹が張るという逆効果だったくらい。

これは主に不溶性食物繊維が多かったけど、水溶性食物繊維が足りていなかったようです。

そこで偶然大麦を食べ始めたことで腸内に水溶性食物繊維がたくさん入ることに。

お腹の調子を整えるのは善玉菌ですが、その餌になるのが水溶性食物繊維です。今までの食事では水溶性食物繊維が足りていなかったのでしょう。それが大麦の活躍で腸内の善玉菌が一気に増え、腸内フローラが改善されたものと思われます。

水溶性食物繊維の重要性について見てみる

2.便が滑るように出て滞留便がなくなった

大麦の水溶性食物繊維効果により善玉菌が増えただけでなく、単純に便が以前より出やすくなりました。

以前は出ても何か腸の上のほうで詰まっている感じが残っていたのですが、大麦の水溶性食物繊維摂取が増えてからはドサッ!っと一気に出切る感じで排便できるようになりました。

これにより便が大腸内に残ることが少なくなり、悪玉菌が繁殖してガスが発生する量が大幅に減ったのがお腹の張り解消に繋がっています。

こうなった原因は水溶性食物繊維が水分を大量に含んで大腸に届くからです。

これまで硬かったり粘り気味だった私の便が、スルスルと滑るような感じになったのです。

以前は腸内に水を届けようと水を多めに飲んだりしていましたが、意味はありませんでした。そうやっても小腸に水分が吸収されて大腸まで届かないからです。

でも水溶性食物繊維は水分を含んで大腸に届きます。

パスタをたくさん食べた翌日以降は結構ドッサリと便が出ることが多かったのです。パスタも水溶性食物繊維を多く含んでいます。今思えばだからかと納得できます。ただ大麦ほど少量で効くものは他にありませんね。

もしオナラが多すぎてお腹が張り苦しいなら

1.乳酸菌は何らかの形で意識して取るべき

ヨーグルトは私にはさっぱりでしたが、最初に書いたように人の腸内細菌には個性があるから一概に言えません。あなたはヨーグルトが合うかもしれません。

そしてサプリメントにしてもそうです。今腸内フローラ改善としてちょっとしたブームになっていますが、誰々がいいと言っている乳酸菌・ビフィズス菌サプリメントであったとしても、人によってはさっぱりなことのほうが多いと思います。私がそうだったので。

だからあまり期待しすぎず、気軽に色々試していくべきです。

幸いにもお腹の変化は1週間もあれば十分実感できます。実感できないなら合っていないということでしょう。そうしたら次のを試せばいいだけです。

またぬか漬けも結構おすすめです。塩分を気にする人がいますが、外食で添加物まみれのものを食べている方が体に悪いし、マイルドな味付けほどそっちのほうが塩分量が高かったりします。ぬか漬けみたいなシンプルな食材だから塩気を感じやすいだけです。

それにヨーグルトなど乳製品は日本人が過去あまり口にしていないものです。でもぬか漬けなら大昔から日本人が食べてきており、どう考えてもDNA的にぬか漬けの乳酸菌のほうが腸に合っているでしょう。

2.ビフィズス菌はサプリメント頼みがいい

私が今でも飲んでいるサプリメントは乳酸菌主体ではなくてビフィズス菌主体です。

それまで乳酸菌サプリメントはいろいろ試したものの全くと言っていいほどお腹の張りに変化はありませんでした。

ただビフィズス菌主体の現在のものに変えてから、最初に書いたように30%くらいは変化を感じるようになりました。

乳酸菌が腸内に合っていないのかもしれない、というだけでなく、ビフィズス菌がうまく増えていなかったのも大きな原因だと思われます。

乳酸菌がお腹にいいとされるのは、善玉菌の占有率が上がって悪玉菌が衰退し、そのせいでビフィズス菌の活動が活発になるという間接的なところがあります。

ただそれだと足りなかったのかもしれませんね。

そのせいかビフィズス菌主体のサプリメントにしてから調子が良くなりました。

なので今でも飲み続けています。ビフィズス菌を積極的に増やすというのは食事だけではちょっと難しいかな?というのが今の感じです。

3.便が硬い、粘り気味な人には水溶性食物繊維

私のお腹の張り、オナラ量、さらに臭いまで一変した最大の原因が水溶性食物繊維です。

そのきっかけとなったのが大麦ですが、別に大麦意外でも水溶性食物繊維は取れます。

ただ、水溶性食物繊維は不溶性食物繊維に比べてどうも一定量を取りづらいようです。それに水溶性と不溶性のバランスも重要で、不溶性が少なすぎてもダメです。

そのバランスをちょうどいい感じで取れるのが大麦(押し麦)です。

そして大麦は少量で十分なので他の食事を邪魔しません。

いくら体に良い食べ物でも、それまでの食生活を大きく変えてしまうものはどうかと思います。その意味でも大麦はお手軽で優れていますね。

レンジでチンして適当にいろんな食材に、1日でスプーン山盛り2~3杯くらいを混ぜるだけで十分ですよ。

面倒だな~という人は、水溶性食物繊維が豊富に含まれつつも、お腹を膨らませないような健康食品やサプリメントを利用するのもいいですね。

水溶性食物繊維が一杯な健康食品を見てみる

スポンサードリンク

カテゴリ